違いを受け入れられたら

違いを受け入れ認めあえたら、もっと自由だろうにな。
と、いろいろな場面で感じるのだけれど。
この絵本に出てくる子供たちは、見守る力を身につけている。
何が大切で何が不要なのか分かっている。

「ふしぎなともだち」 たじまゆきひこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP