美しい世界

長雨が続き鬱々とした季節があったのも忘れるくらい、
カンカン照りのお日様が毎日眩しくて。
あっつーい!と叫ぶ瞬間は嬉しいのと面倒なのとで変な笑い顔になる。
額からの汗が目に染みたりしたら違う涙もわざと流す。
気候や天気は私の気持ちを容易く上げたり下げたりする。
そんなちっぽけな私を大きく包む絵本を読んでみたり
目を閉じて耳を澄ます。
この世界はカラフルで真っ暗で美しい。

「ナイチンゲールのうた」
ターニャ・ランドマン 作
ローラ・カーリン 絵
広松由希子 訳

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP