かぞくのかたち

いろんな家族のかたちがあるんだねって、
スマートに受けとめ、それがあたりまえになる時代。
絵本も多様性を伝えるものがいろいろありますね。
目と耳と心を開いて。

「ふたりのパパとヴィオレット」
作:エミール・シャズラン/ガエル・スパール
訳:中山亜弓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP